本当は恐ろしい歯周病の話

実に日本人の成人の8割もの人が感染していると言われる歯周病。

ギネスブックにも、世界で最も感染者の多い病気として掲載されているほどの立派な病気なのですが、実際に歯科医に通ってその治療を積極的に行っている人が少ないのが現状です。
それは症状が軽い状態だと、放置しておいてもさほど痛みや不調を感じにくいことが原因です。
しかし、痛みが少ないからと放置しておくと、歯周病が徐々に進行して、最終的には歯を失ってしまう可能性がある恐ろしい病気なのはご存知でしょうか。



歯周病の予防には毎日の丁寧なブラッシングが必要です。

ブラッシングのあとに歯ぐきから血が出るという人は要注意。

既に歯周病がある程度進行している可能性が高いので、必ず歯科医で検査をしてもらいましょう。

歯科医では、歯周ポケットの深さをはかり、歯周病の進行度合いをチェックする検査をしてくれます。

歯周ポケットの深さが5mmを超えると中程度以上に進行しているものと判断されます。

進行の度合いが低い場合は、物理的に歯石を除去して炎症を起こしている部分を落ち着かせる方法が選択されます。もちろん自分自身で毎日丁寧なブラッシングの継続による歯垢の除去を行うという基本治療も必要です。



また進行が激しい場合においては、抜歯などの方法を選択せざるをえないこともあります。

そうならないためにも定期的な検診が重要になりますし、食後の歯磨きという基本的な生活習慣をしっかりと見なおす必要があります。

Girls Channelについての意見を伺いました。