インプラント治療におけるメリットとデメリット

歯周病やケガなどにより歯を失ってしまった場合の対処法の1つにインプラントがあります。

インプラントは、失ってしまった自分の歯の代わりに人工の歯根を埋め込み、その上に新しい人工の歯を設けることで機能を回復させる方法となりすが、行う場合にはメリットとデメリットをよく理解した上で判断をすることが大切なことになります。
インプラントの施術はドリルで歯槽骨と呼ばれる歯を支えている顎の骨の部分に穴を開け、そこにチタン等でできた人工歯根を埋め込み、その上にセラミック等でできた人工の歯の装着を行います。
メリットとしては、まず、顎の骨にしっかりと固定されるために違和感を感じることなく噛むことができるようになり、噛む力を回復することができるために、固いものでも食べることができるようになります。

NAVERまとめ情報の理解したいならこちらのサイトです。

次に、入れ歯やブリッジによる方法と違い隣の歯に手を加える必要がなく、欠損をしている部分のみに施術を行うことができるようになっています。



そして、見た目も美しく食事に関しても美味しく味わうことができるようになります。

反面デメリットとしては、まず、行うには手術が必要となることをあげることができます。



2つめとしては、どうしても期間と費用がかかることがあり、施術範囲によっては高額になってしまう場合があり、施術後においても数カ月に一度は定期検診が必要となるなど、手入れに関しても毎日行なうことが求められます。

インプラントでは、施術を希望した場合でもしっかりとした顎の骨が無い場合には行なうことが難しくなり、また、他にも喫煙者や糖尿病、重度の歯周病や骨粗鬆症、金属アレルギーの場合には失敗する確率が高くなるために注意が必要になります。