いろいろある歯科の種類

歯科と一口に言っても、実はいろいろな種類が存在します。医師法によって決められた標榜科には、一般・小児・矯正・口腔外科の4つがあり、患者の目的に応じて専門の科を選ぶことができるのです。



さらに標榜科以外には審美目的のものなどがあります。

「一般歯科」は、虫歯や歯周病などの口腔内の治療や、義歯の作成などを行っています。

またこの科は、保険が適用される治療が多いのが特徴ですが、治療に使われる材料などによっては保険の適用ができない場合もあります。



次に「小児歯科」は、成長期の子どもを対象にした治療を行っている科ですが、治療だけでなく、子どもの歯の健康を守るための定期診断も行っています。

毎日新聞情報サイトについて考えます。

そして「矯正歯科」は、歯並びをきれいにしたり、歯のかみ合わせを改善する治療を行う科ですが、歯の矯正治療については審美目的とみなされるため、基本的に保険の適用外になります。

ただし先天異常などの医療目的の治療については保険の適用が認められています。

さらに「口腔外科」は、主に口の周囲で起こる疾患を扱う科であり、顎の骨に歯が埋まった状態である埋伏歯や、顎の痛みなどのトラブルが発生する顎関節症などの治療を受けることができます。

また「審美歯科」は、見た目を美しくすることを目的とした歯の治療を行うところであり、基本的には保険適用外の治療になります。

治療の種類には、歯を漂白して白くするホワイトニングや、歯にセラミック製のかぶせ物をするセラミッククラウンなどがあります。